top of page

人気DJサッシャとCMerTV CFO廣田和也が WEB番組でWithコロナ社会について対談!

図3

PDFはこちら 2020年6月30日(火)に配信を開始した日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)のオンラインセミナー番組「コロナウイルスの影響で変わるBIZ社会」に、弊社執行役員CFOである廣田和也が出演いたしました。 当企画は、Withコロナ/Afterコロナにおいて、ビジネスの変化を『現場』視点から発信する動画コンテンツです。「ニューノーマル」に向けた業務変革や新規事業などを積極的に行っている企業社員を迎え、対談形式でナビゲーターが取材。視聴者に新しい時代への変化や、それに伴う課題を整理するきっかけをつくり出すためのプログラムです。 NTT東日本が推奨する、ICTを利用したリモートワークの推進を一早く実践している社内体制を評価され、このたびCMerTVが当該収録にご招待頂きました。 廣田は対談のなかで、「CMerTVにおける働き方の変化」をご紹介しました。弊社では2020年3月より、社内でまったく理解が浸透していなかったリモートワーク環境を急速に組み立て、原則出社しないことを前提とする在宅勤務制度を先駆けて確立した実績があります。新型コロナウイルス対策として、全社員のリモートワーク率100%を実現した社内体制の構築方法について説明しています。 CMerTVでは、リモートワークが常態化していく今後を見据え、2020年6月以降は在宅勤務率40%(週3日出勤)を掲げ、2022年までには同60%に引き上げていく予定です。 コロナ禍で起こった働き方改革こそ、あらゆる人材を適切に活躍させることのできるチャンスでもあるとも捉え、今後も社員の満足度を確保しながら、よい良い仕事環境の整備に努めてまいります。

図1

Comments


bottom of page